2016年に柏千葉美術予備校(以下柏校)から見事現役で東京藝術大学美術学部工芸科に合格した山﨑聡一郎くんに体験談を聞いてみました。

 

高2の五月頃に描いた初石膏デッサン

 

Q.合格おめでとうございます。山崎君はいつから柏校に通い始めましたか?
A.高2の春です。

Q.柏校を知ったきっかけは?
A.インターネットでした。

Q.柏校に入学を決めた決め手は何ですか?
A.家や学校から近かったのと、講師の雰囲気が自分に合っていたからです。

Q.受験に臨むにあたり、最も重要だと感じたことは?
A.素直さ。と、必死さ。

 

 

Q.実技力を向上するために重要だと感じたことは何ですか?
A.よく観察することです。モチーフだけでなく色々な物や事を。あと、表現するときに伝える上で必要な誇張の仕方を覚えることでした。

高2の冬に描いた静物着彩

 

Q.学科力を向上するために重要なことは?

A.積み重ねに尽きると思います。

Q.柏校の授業で印象に残っている課題はありますか?
A.「爽快をテーマに平面構成しなさい」など、など作品の結果が酷かったもの全般(笑)。

Q.山崎君は東京芸大工芸科一本でしたが、習慣にしていた実技対策はありますか?
A.日常生活の中で目に付いたものを、デッサンや着彩をしたりすると仮定して、制作プロセスを頭の中で考えていました。

Q.体調管理で気をつけたことは?
A.薬漬けでした(笑)あ、僕ものすごい片頭痛持ちなんで… あとは、お昼を絶対ぬかないこと!

 

Q.通学時間はどのくらいでしょう?
A.30分くらいです。

Q.柏校の「ここがよかった!」というところは?
A.家なみのアットホーム感!

Q.受験生活で楽しかったことはありますか?
A.自分で良いと思えた作品が生まれたとき。変わった(変な)友達との会話(笑)

高2の3月に描いた静物油彩

 

Q.受験生活でつらかったことは何ですか?
A.平面構成…

Q.お気に入りの画材があれば教えてください。
A.伊研の練りゴム!おススメです!!

Q.部活動や学校生活との両立で大変だったことは何ですか?
A.学校のテスト期間と千葉美のコンクールがまるかぶりだったこと。テストを休むわけにもいかないし、予備校を休むのも絶対嫌だったし。

 

Q.大学生になりましたが、挑戦してみたいことはありますか?
A.攻めること!

Q.最後に、これから受験をする学生たちにひとことください!
A.素直に講師の言った言葉を受け止めていけばよいと思う。ただ、自分の中にも譲らない部分を必ず1つは持っておいた方がよいと思います。

Q.ありがとうございました!
A.ありがとうございました。

16gksyam

16藝大入試再現作品 デッサン

sou_02

16藝大入試再現作品 平面構成

sou_01

16藝大入試再現作品 立体構成