敵を知り己を知れば…

 

 

明日で私立美大の入試も落ち着きますね。ここからは国公立に集中です。

 


 

 

先日の日曜日に隣町(駅)の○トー○ーカドーに行きました。自転車で。

目的は子どもたちがはまってる(?)カードゲームをするためです。

今は(?)中学生でも一人でゲームセンターっぽいところには行ってはいけないようで、付き添いで行ったのですが。

まあ、一回やれば大体のシステムはなんとなく分かりました。なるほど。

 

ん? ちょっと待てよ。これおかしくないですか?

 

って思ったんです。

だって、敵が必ず先攻になって、まずは何回も攻撃を耐えないと自分が攻撃する順番(ターン)にならない。

しかも敵が5、6回連続で攻撃してくる。タイミング良く一点の場所でゲージを止めないと大ダメージ。

ワンミスで終り。100円が数分。どちらかと言えば初心者だったので説明の方が長かった。

で、「これ、無理じゃん(笑)」

すると、「当たり前じゃん。」

「………」

 

お金を使って強いカードを運で引く。×3 で、やっとちょっと削れる。 を、×?回で倒すそうです。

 

 


 

 

これから待ち受けている国公立はそんなに理不尽ではありません。そこまで強いカードでなくても戦えます。

敵の猛攻を防ぐなんてことはありませんし、ワンミスくらいなら取り返せます。

ラスボスの特徴は大体把握していますよね?

まずは戦略を練りましょう。そして、自分の持っている手札の中で、戦えるカードを準備しましょう。

まだ、カードを引くチャンスはあります。 どのカードを狙うか…

 

 


 

 

もう一回違うモードでやったら、今度はあっさり勝ちました。最初のがハイレベル過ぎたってことですね。

今度は、そのあとに抽選みたいなのがあってくじを引いたんです。そしたら特賞が当たったんです。

その特賞が強いのなんのって… 反則、ずるいってレベル。

 

思いもよらないところで、強いカードをもらうこともあるんですね。